事業所得と不動産所得の両方がある場合の確定申告

事業所得と不動産所得の両方がある場合の確定申告

 

こんばんは。

たむらです。

 

確定申告の時期です。

a0001_011518

 

特に、事業所得&不動産所得がある方は、申告作成いかがですか?

提出期限は3月15日。

今からがんばれば、大丈夫です。

まずは、平成24年分の資料を集めて、

日付順に並び替えて、

入力を進めていきましょう!

 

不動産所得の事業的規模

a0002_010457

 

不動産の貸付が事業的規模ではない場合、

青色申告を選択しても65万円控除は受けられず、

10万円控除しか受けられません。

 

事業的規模とは、一定の貸付規模、収入、管理状況から判断されます。

5棟10室基準というのもあるのですが、

実際は、実態をみて判断することが多いそうです。

判断に困っている方は相談されることをお勧めします。

 

今まで不動産所得を白色申告していたが、別に事業を始めた方へ

 

事業的規模でない不動産貸付業のため、

あえて青色申告の申請をせず、白色申告をされていた方もいるかと思います。

 

その人が、貸付業以外に、新たな事業を始めた場合。

新たな事業については、青色申告の申請をされるケースがあるかと思います。

 

その場合、

新たな事業→事業所得

不動産貸付業→不動産所得

 

となるわけですが、

事業所得については、青色申告

不動産所得については、今まで通り白色申告

でいいのでしょうか??

 

事業所得・不動産所得ともに青色申告が適用されます。

 

今まで、事業的規模でない不動産所得を白色申告されていた場合、

収支計算書(P/L)しか作成されていないと思います。

(青色申告10万円控除の方も同様)

 

事業所得があるため、青色申告の申請をした場合、

事業的規模でない不動産所得についても

P/Lの他に貸借対照表(B/S)も作成すれば、65万円控除を受けることができます。

 

不動産所得のみの場合は、事業的規模の判断が必要になりますが、

事業所得と事業的規模でない不動産の貸付を兼業している場合は、

事業的規模の判断なく、65万円控除をうけることができるようになります。

 

例えば、

(控除前所得)  (控除額)  (控除後)

事業所得   -10万円      0円     -10万円

不動産所得  80万円      65万円    15万円

 

と、こんな感じで、計算することができます。

 

手間は増えますが・・・・

a0002_010462

 

事業所得の他に、不動産所得も得ていらっしゃる方。

不動産所得についても、B/Sの作成をおすすめします。

 

仮に事業所得のみで65万円控除を使い切ってしまう場合には、

不動産所得から控除できるものがないので、収支計算書のみでいいかとも思います。

 

が、

事業所得が65万円未満の場合、そして、不動産所得で黒字の場合は、

B/Sを作るというひと手間で、事業所得から控除しきれなかった控除額を

不動産所得から引くことができるようになります。

 

事業的規模ではないということで、受けられなかった青色申告特別控除65万円の恩恵を、

事業所得と兼業することによって受けられるようになります。

 

最後、もうひとふんばりです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

この記事を書いた田村です。

田村 麻美
S59生まれのアラサ-人妻税理士。
ジャックダニエルとメガネ男子が好物。
昼は、チャリで駆け回るフットワークの軽さだけが売りの税理士。法人、個人問わず、会計税務の問題を解決するために日夜奮闘中。
目標なき成長はなし!と女子っぽくない暑苦しい一面をもっている。
しかし、夜は昼から一転。北千住を一人で飲み歩き、店員さんに絡むことが唯一の楽しみという一面ももっている。
愛読書:週刊SPA

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. by 長野

    不動産の貸付が事業的規模ではない場合、

    青色申告を選択しても65万円控除は受けられず、

    10万円控除しか受けられません。


    事業的規模の不動産所得は事業所得扱いになるのではないでしょうか。
    65万円控除の要件は複式簿記による事と、PL及びBSを添付して期限内申告するだけだと思いますが、確認して頂けますでしょうか。

  2. by 長野

    すみません。先ほどのコメントは誤認でございました。

    • by 田村 麻美

      長野さま コメントありがとうございます。また何かございましたらコメントいただけると私も大変勉強になります。引き続き本ブログをよろしくお願いいたします!

  3. by オカダ

    こんちは。青色申告特別控除の65万円は先に不動産所得から控除しますよ。事業所得から控除した残りを不動産所得から控除するわけではないよ~
    また、BSは事業所得の決算書にまとめてもいいんでない~?

    • by 田村 麻美

      オカダさま コメントありがとうございます!
            ご丁寧にありがとうございます。
            BSはもちろん一つにまとめてでいいと思います!
            事業的規模でない不動産所得しか行っていなかった人が新たに事業所得も得るようになった場合を想定して書いてますので、
            今まで、BSを作ってなかった方向けに書いております。
            またコメントよろしくお願いいたします!
            

  4. by オカダ

    こんばんは。なるほど、そういうことですね!親切ですね!

    • by 田村 麻美

      オカダさま ありがとうございます!これからも親切にがんばります!!!!

  5. by イトダ

    こんばんわ、初めまして。
    不動産所得を白色申告していた者が、年度の途中から事業を始めた場合の申告について調べていてこのサイトにたどり着きました。
    こういうケースの場合、3月15日までに青色申告の承認申請をしていなくても、
    事業の開始日にあわせ承認申請できるものなのでしょうか?
    できないのではないかという話も聞いたもので、お尋ねいたしました。

    • by 田村 麻美

      イトダさま  おはようございます、初めまして。
             おっしゃる通り、既に不動産所得であれ事業をしていた方については、新たな別の事業の開始日に合わせて青色申告の申請をしてもその年分については青色申告で       きないんです。不動産所得は白、新たな事業所得は青というふうにはできないので、今年については不動産所得も事業所得も白色で申告となります。今申請して        も、来年からの青色申告となります。3月15日までに申請していれば、今年から青色申告にできたのですが。。。。

  1. 事業所得と不動産所得を弥生で入力する方法 | 足立区の女性税理士 | 田村麻美.com

    […] という記事を書きました。 […]

*
* (公開されません)
*